スポンサードリンク

何かないと寂しいと思っている人、今いるだけでもOKです。680gで生まれた小さな息子の1年後

ダウンロード寂しいつい人は何かを求めてしまいます。

何か良いことないか、自分を満足させるものはないかと、

求め続けますが、ときに小休止があってもいいのではないでしょうか。

今の時点で、何も考えずぼーとしていてもいいと思います。

自分の生まれた時のことは誰も知らないと思います。

記憶に残っていません。

他も人の映像を見てこんな人、こんな赤ん坊もいるのか、

それに比べれば自分はまだよかったのかと思えるものです。

言葉がでませんが・・・

ともかく良かったと心が動きます。

680gで生まれた小さな息子の1年後

予定より14週早く680gの超低出生体重児として誕生した息子。小さな体にチューブがつなげられた集中治療室での107日間の生活のあと、ついにわが家へ……。妻への贈り物として夫が記録した感動的なビデオ。

http://vimeo.com/78393869

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

ブログランキング

よろしくお願いします。
健康と医療(全般) ブログランキングへ

スポンサードリンク

リプロスキン

このページの先頭へ